サービス セミナー 研究サロン 事例集 企業情報
▼ PIT Core プロ・インストラクター養成塾 コア
講師・インストラクターのプロの技術をあなたへ



特徴

 PIT Coreでは、講師・インストラクターの役割を「受講者の“できる”をサポートすること」だと定義しています。そのため、講師・インストラクターの皆さんがどんな受講者の方々と向き合っているのか? 受講者の方々にどうなってほしいのか? ということを見据え、その役割を実現できるようになることを目指して、PIT Coreの受講者の皆様の“できる”を支援します。

[1] 徹底的な実践とビデオ観察によるG-PDCA
 講師・インストラクターの皆様の“できる”をサポートするため、実践演習のビデオ撮影とフィードバックを徹底的に行います。

 実践演習実施後には、通常のフィードバックに加え、さらに個々人で、チェック項目を意識しながら自分のビデオを見て詳細にスキルの発揮度合いをセルフフィードバックし、優先順位をつけて具体的なアクションプランを立てるところまでを支援します。

[2] 受講者の“できる”を支援するコース設計
 講師・インストラクターの皆様の受講者の“できる”をサポートするため、We Can”サポートモデルに基づいて、今まで実施していた研修やこれから実施する予定の研修で足りなかった要素は何か? を検討し、効果的に再設計できるように支援します。

よくある課題に対する PIT Coreの効果

  • これから説明会や研修の講師・インストラクターを担当することになったが、何をどう準備したらいいのかわからない。

    → 基本となる型が身につき、準備のポイントがわかることで、講師・インストラクターを担当することが楽しみになります。

  • 一生懸命に説明会や研修をやっているのに、受講者からなかなかいい反応が得られない。

    → 受講者が興味を持って話を聞いてくれ、「よくわかりました。」と言われるようになります。

  • 受講者からは「話がわかりやすい」と言われるにも関わらず、研修が終わった後に、企画者や受講者の上司から「ちゃんと教えてくれたのか?」と言われる。

    → 受講者が学んだことを実践してくれるようになり、企画者や受講者の上司から、他の人も受講するように勧めてくれる。

目的・目標

 授業内容だけでなく、授業方法についても精通することで、『受講者の理解の進み具合に合わせて、知識を伝達し、体験を交えて、“できる”をサポートする』ことのできるインストラクターを目指します。そのために、国際基準であるCTT+に基づいて、インストラクターの基礎知識とスキルを習得します。

対象者

  • 今後、研修や説明会の講師を担当する予定で、まずは基本の型を身につけたい方
  • 研修内容をきちんと伝えることはできるが、さらに、担当している研修の受講者が何かを“できる”ようになるように支援したい方
  • ある程度講師経験を積んできたが、伸び悩みがあり、経験の整理とさらなるスキルアップをしたい方

カリキュラム概要

 3日間の初心者向けコース。立ち居振る舞いなども含めた「人前で話すための基礎」からじっくりと学ぶことができ、最終的には20分間のインストラクション実演をビデオに撮って、自分の成長と今後の留意点を確認することができます。

1日目午前トレーナーの役割
午後プレゼンテーション
2日目午前<実践演習> SFBによる説明と実演
インストラクション
午後
コース設計
3日目午前ファシリテーション
<実践演習>トライアングル・スキルの適用
午後
プロフェッショナル・トレーナーへの道

使用教材
 「プロフェッショナル・トレーナーへの道」日経BP社

日程
 各回 9:00〜18:00 3日間
 開催日はこちらをご確認ください。

費用

  • 一般:171,465円(税込)


  • テキスト持参割引:
    『プロフェッショナル・インストラクターへの道』をお持ちの方は、6,090円を差し引きます。
  • 早期申込割引:
    研修日初日より1か月前にお申込いただくと、10,500円を割り引きます。
お申込・お問合せ

 こちらからお願いします。


>>PITシリーズ TOPへ